OEY ***モノつくり再開***

制作の過程、思った事、作品を記録します。

上着完成。

f:id:tom-oey:20210411173601j:plain
自分の服の製作に戻ります。

今回は、ほとんど工程のみの記録になります。
これは何?とか、もっと良い方法があるよ、というご意見はコメントで頂けると嬉しいです。


仮縫いが終ったところからです。

【前準備】

伸びないように、仮縫いを解いて、アイロンをかけ、整える。

表地、裏地、接着芯の本番用の型紙を作る。

表地、裏地、接着芯の裁断。

接着芯を貼る。
前端、衿返り線外側に接着テープ。
返り線のテープには星どめ。


【身頃表地】

前後のダーツを当て布と一緒に縫い、アイロンをかける。
f:id:tom-oey:20210411173633j:plain
f:id:tom-oey:20210411173655j:plain

脇を縫う。
肩を縫う。
裏衿をつける。

f:id:tom-oey:20210411173836j:plain
f:id:tom-oey:20210411173917j:plain

f:id:tom-oey:20210411173947j:plain
f:id:tom-oey:20210411174021j:plain


【身頃裏地】

前後のダーツを縫う。
見返しを縫い合わせる。
見返しの下、4、5cm程度バイアステープでくるむ。(出来上がり、断ち切りでむき出しになるから)
脇を縫う。
肩を縫う。

f:id:tom-oey:20210411174112j:plain
f:id:tom-oey:20210411174137j:plain

裏地の縫い合わせは、出来上がり線をしつけ糸で手縫いし、
縫い代側2、3mm程度外側にミシンをかける。
後でしつけ糸を抜く。(ゆとりをとる為)

f:id:tom-oey:20210413120234j:plain

【表地と裏地を合わせる】

見返しが、裏衿と見頃の上に乗る形になるが、
厚みのある生地なので、見返し側にゆとりを持たせないと、
綺麗に衿を折り返せない。
見返しは出来上がり線より少し外を合わせてしつけをし、
実際にボディに着せて衿を返して、返して納まりを確認してから縫う。

※本来は表と裏をつなぐ中とじをするが、
この形はショート丈なので、不要と判断。

【袖を作る】

袖山のイセを入れるギャザーの糸をチェック。

表地、裏地共、後ろの切り替え線を縫う。

表地、裏地の袖口を縫い合わせる。

前側の切り替え線を、表地、裏地、続けて縫う。

f:id:tom-oey:20210413102853j:plain

裏地を中に入れて、形を整える。
ピン打ちまたはしつけをして、ズレないようにしてから、
表地と裏地をつなぐ、中とじをする。(前側切り替え線)



【見頃に袖を付ける】

ピン打ち、しつけをした後、縫い合わせる。

袖山布をつける。

f:id:tom-oey:20210411174246j:plain

袖ぐり、大まかにしつけ。
袖ぐり線際に落とししつけ。
袖ぐり見頃の縫い代に見頃裏地を返し縫いで中とじ。

袖の裏地を被せるように覆って、まつりどめ。
袖ぐり下部分、裏地を表地の縫い代に星どめ。

f:id:tom-oey:20210411174321j:plain
f:id:tom-oey:20210411174357j:plain


【裾始末】

表地裾、裏地を付けるラインに粗いミシンをかけて、裏地付けの案内線にする。
裏地、出来上がり線でアイロンをかけて折り上げ、
表地に裏地をまつりどめする。

前身頃、衿の返り線より2cm程度奥に星どめ。

衿から見返し部分、裏になる側を星どめ。

【完成】

f:id:tom-oey:20210411174441j:plain
f:id:tom-oey:20210411174519j:plain

どうでしょうか。

f:id:tom-oey:20210411174602j:plain
f:id:tom-oey:20210411174631j:plain
f:id:tom-oey:20210411174702j:plain

そして、この「自分の服」シリーズは、今回で終わりではありません。

あと、もう1回。

実は、ブログで仲良くさせて頂いている、junoi(ユノー)さんに、この服に合うアクセサリーの製作を依頼しています。

ユノーさんは、お仕事をしながら、コスチュームジュエリーの勉強をなさっていて、
ブログで拝見する作品は、どれも素敵です。

ユノーさんのブログはこちら。↓
https://verre-blanc-bonheur.hatenablog.com/

ユノーさんのインスタ ↓
https://www.Instagram.com/verre.blanc.bonheur.

最初の打ち合わせのお写真。
f:id:tom-oey:20210413114501j:plain
大体の好みと方向性を打ち合わせて
あとはお任せしています。

楽しみです。
完成して手元に届きましたら、あらためて紹介させて頂きます。

ユノーさん、ご覧になったらプレッシャーかもしれませんね。
納期はまだまだですし、最初から予算が少ないものですから、気楽に、できる範囲でお願いしますね。

伯母さん、覚えている?(着物生地壁掛け)

f:id:tom-oey:20210407220626j:plain

小物の二点目、着物の生地の掛軸風壁掛けです。

少し前に、母が残した着物の生地で布ケースを作りました。
f:id:tom-oey:20210408002522j:plain
f:id:tom-oey:20210408002439j:plain

https://tom-oey.hatenablog.com/entry/2021/03/09/104736


未着用の物が多い中、この着物は手縫いされたもので、洗濯カスが角に残っていたりしたので、よく着ていたのでは?と思いました。

私は見覚えないので、もっと前。
母のすぐ上の姉にあたる伯母さんは知らないかな?

そう思って、このケースを作って送ったところ、
覚えていたそうです!

若い時、母がよく着ていた。
懐かしい、と。

嬉しくなって、もっと大きく柄が見えるように、壁掛けを作りました。

以前作った物を参考にしました。

https://tom-oey.hatenablog.com/entry/2020/06/19/134326

f:id:tom-oey:20210407222403j:plain
端を処理した生地だけだと、ヨレヨレした感じになるので、裏に芯を貼りました。
f:id:tom-oey:20210407222513j:plain

上下の棒はダイソーで購入していたものです。
f:id:tom-oey:20210407222605j:plain

コースターも作って一緒に送りました。
f:id:tom-oey:20210407222630j:plain
f:id:tom-oey:20210408000401j:plain
昔の事を思い出して、いろいろ話をする事はとても身体に良いそうです。
帰省できるようになったら、必ず遊びに行きますから、伯母さんの若かった時の話を、たくさん聞かせてくださいね。

ビーズ刺繍のモチーフ2種類/新宿御苑

f:id:tom-oey:20210402100717j:plain

今、自分の服を作っていますが、
上着の制作に入る前に、小物を2種類作ります。

今日は、その1種類目。
ビーズ刺繍のモチーフです。
丸型とハート型を作りました。
まず、丸形。
f:id:tom-oey:20210402101258j:plain

刺繍が終わったら、一回り大きくカット。
裏に厚紙を接着剤で付けます。

折り込む部分を、切込み過ぎないように、
切り込みをいれます。
厚紙のカーブにできるだけ滑らかに沿うよう
接着剤で貼り付けます。

それとは別に、底の部分を作ります。
厚紙にフェルトを貼った丸形型を、
フェルトの方に接着剤を付け、布に貼って、
ビーズ刺繍の付いたパーツと同じように
丸く仕上げます。
f:id:tom-oey:20210402101435j:plain

ビーズ刺繍のパーツと底の部分を接着します。
中心部分は折り込みが無く、空洞になるので
支えるフェルトを貼りました。
f:id:tom-oey:20210402101500j:plain

周りを目立たないように、
引き締めながら、かがって出来上がり。
f:id:tom-oey:20210402101524j:plain

ハート型。手順は同じ。
f:id:tom-oey:20210402102631j:plain
f:id:tom-oey:20210402102703j:plain

f:id:tom-oey:20210402102814j:plain

このモチーフはワッペン、ブローチ、ポニーフック等など、いろいろ使えます。
底の部分にフェルトを入れたのは、何かに使う時、
針が通りやすくするためです。


なぜ、モチーフのままで、完成か、と言うと···

ハンドメイド作家のモカリーナさんへのプレゼントに作ったからです。
後で、時間のある時に、何かに付けていただければ良いな、と思って。

モカリーナさんは以前ハテナにいらっしゃったので、
覚えていらっしゃる方もいるかと思います。
いろいろ幅広い趣味をお持ちですが、ここでは、ハンドメイド作家さんとして。

モカリーナさんのブログ
mocharina.com

モカリーナさんのTwitterアカウント
@mocharina09

モカリーナさんからいただいたプレゼントがこちら。
羊毛フェルトのキーケースです。
力作。素敵ですね。
大切に使わせていただきます。

f:id:tom-oey:20210402105434j:plain
f:id:tom-oey:20210402105510j:plain
f:id:tom-oey:20210402105529j:plain

二人で新宿御苑にお花見に行ってきました。
新宿御苑は現在、事前予約で入苑する事ができます。
詳しくは新宿御苑HPをご覧下さい。
新宿御苑 | 一般財団法人国民公園協会

ソメイヨシノは花吹雪。
八重桜が満開を迎えるところでした。
桜の写真で、今回は終わりです。

f:id:tom-oey:20210402110342j:plain
f:id:tom-oey:20210402111200j:plain
f:id:tom-oey:20210402110412j:plain
f:id:tom-oey:20210402110521j:plain
f:id:tom-oey:20210402111245j:plain
f:id:tom-oey:20210402110735j:plain
f:id:tom-oey:20210402110623j:plain

ワンピースは完成(自分の服③)

f:id:tom-oey:20210329151701j:plain

仮縫いが終わりました。
本縫いに入る前の準備をします。

①仮縫いでの修正点を製図も修正する。
②本縫い用型紙を作る。仮縫い用型紙で、
 簡単な修正で使える物は利用する。
④仮縫いを解いて、アイロンかけて整える。
 伸ばさないように注意。
⑤本縫い用型紙で、各パーツ裁断。

※修正無しのパーツも、仮縫いは縫い代を大きく取っているので、カットし直します。

※仮縫いには無かった、見返しや裏地の型紙もつくります。

⑥見返しに芯を貼る。


今回はワンピースの縫製。
大まかな順序を記録しておきます。

表地…前後のお腹部分のダーツを縫う。
   肩を縫い合わせる。
f:id:tom-oey:20210329145408j:plain

裏地…前後のダーツを縫う。
   前後、見返しと縫い合わせる。
   肩を縫う。
f:id:tom-oey:20210329145645j:plain

表地と裏地を、表になる面を合わせて、
首周り、腕周りを縫う。
f:id:tom-oey:20210329145939j:plain

後ろ中心、ファスナーより下を縫い合わせ、
裾のスリットはベンツの形に整えて縫う。

コンシールファスナーを付ける。

表地、裏地、裾を上げる。

後ろ上端にスプリングホックを付けたり
首周り、腕周りの見返し側に星留め、
裏地の裾、両サイドにループ留め等、
仕上げ作業をする。
f:id:tom-oey:20210329151112j:plain
f:id:tom-oey:20210329151156j:plain
f:id:tom-oey:20210329151726j:plain

ワンピースは出来上がりです。
芯を貼った見返しが裏に付いたので、
肩の線がピンと横に張りました。

仮縫い
f:id:tom-oey:20210329153129j:plain

本縫い出来上がり
f:id:tom-oey:20210329153234j:plain

次は上着に入りますが、
その前に、小物を2種類作ります。

仮縫い(自分の服②)

f:id:tom-oey:20210322155132j:plain

前回は、形をだして、生地を決めるところまででした。
今回は仮縫いです。

気に入った生地ですが、思いっきり厄介な柄のふくれ織です。
一方方向柄なので、縦横できるだけ柄がずれないように裁断します。

f:id:tom-oey:20210322212501j:plain

110cm幅、130cmぐらいの幅を想定して生地屋さんに行ったのですが、
まさかの150cm幅で、売り場で考え込んでしまいました。
これだけ幅があれば、ふた丈プラスアルファあれば足りるだろうと、250cm購入です。

f:id:tom-oey:20210322213344j:plain
f:id:tom-oey:20210322212543j:plain
f:id:tom-oey:20210322212843j:plain
f:id:tom-oey:20210322212631j:plain
f:id:tom-oey:20210322213010j:plain
f:id:tom-oey:20210322212722j:plain
f:id:tom-oey:20210322213103j:plain

もちろん、自分でも着てみます。
自分しかいないので、後ろのファスナーも付けないと着られませんね(笑)
姿勢が悪くて、申し訳ありません💦
そして、裸足ですが、靴を履いた方が良いのですよ。

f:id:tom-oey:20210322213730j:plain
f:id:tom-oey:20210322213859j:plain
f:id:tom-oey:20210322213939j:plain
f:id:tom-oey:20210322214059j:plain

上着は、形出しより長くしました。
生地の厚さや柄のバランスが、形出しの丈では短く感じました。
手間でも本番生地で仮縫いして良かったです。
短いかも、と思って長めにカットしておいて良かった。

f:id:tom-oey:20210322215637j:plain

裏地や見返し等も揃えた本番の型紙を作り、
仮縫いを解いて整え、裁断し直します。

今回は初めてスマホでブログを書いてみました。
見辛くなっていたら、ごめんなさい。

不安でしかない。自分の服を作る。

f:id:tom-oey:20210315190821j:plain

 

「作りたい物、3番目」自分の服。

 

長男の結婚式が、あります。たぶん。

昨年予定が、コロナ禍で延期になりました。

お互いの親族の顔合わせぐらいの、内輪の式なのですが、

高齢者や持病持ち、妊婦さんがいましたので。

 

なかなかピンとくるのがなく、

自分で作るか…となったのです。

 

ちょっと、自信はないですが。

早めに作ってみて、ダメだったら買うか、借りるか…

 

手順

  1. 100円生地で形を作ってみる。
  2. 作図修正して、仮縫い用型紙を作る。
  3. 生地の用尺を出して購入。付属品も揃える。
  4. 生地を整える。
  5. 仮縫い。
  6. 作図、最終修正。本番用型紙。
  7. 仮縫いを解いて整え、裁断。
  8. 縫製。

 

f:id:tom-oey:20210126180627j:plain

 

100円生地で形を作り、修正。

 左がデザイン画をイメージして形を作った物。

右が修正した物です。

キャサリン(ボディ)の高さは私に合わせています。

 

f:id:tom-oey:20210315190956j:plain
f:id:tom-oey:20210315191011j:plain

 

f:id:tom-oey:20210315191055j:plain
f:id:tom-oey:20210315191113j:plain

 

  • 衿ぐりを大きくする。
  • アームホールを大きくする。
  • 前ダーツを下げる(下げるのを忘れていました)
  • エストを絞る。
  • 裾幅を細くする。
  • 裾、両脇スリット→後中心ベンツ

 

 

f:id:tom-oey:20210315203555j:plain


襟は「なんちゃって立体裁断」です。

修正前の写真を撮り忘れました。

修正後の写真です。

 

f:id:tom-oey:20210315203241j:plain

f:id:tom-oey:20210315203257j:plain

f:id:tom-oey:20210315203305j:plain

後姿、脇のラインが丸くなって

気に入りませんが、用尺をみるには充分でしょう。

後は、本番生地の仮縫いで修正します。

 

f:id:tom-oey:20210315204357j:plain

生地はこれにしました。

 

布ケース。柄が変われば(プレゼント用)

作りたい物、3つのうち、ふたつは出来上がりました。

最後の「自分の服」。

今、形出しが終わり、型紙を作って生地を選んだところです。

その話に入る前に、布ケースを作ったので見てください。

 

布ケースの作り方はこちら ↓

 

まずは、花柄のセット。

布ケースと二重マスクを作りました。

f:id:tom-oey:20210309095142j:plain

 

表側。TOM考案レースを付けました。

f:id:tom-oey:20210309095222j:plain

 

内側。ポケットごとに色々な花柄を使いました。

マジックテープ付き。

f:id:tom-oey:20210309095236j:plain

 

二重マスク。

カバーマスク、インナーマスク、共に内側は

晒を二重にして使っています。

f:id:tom-oey:20210309095336j:plain

 

 

さて、次は、形は同じ布ケース。

生地を母の着物の生地で作りました。

f:id:tom-oey:20210309095519j:plain

 

f:id:tom-oey:20210309095558j:plain
f:id:tom-oey:20210309095623j:plain

 

f:id:tom-oey:20210309095832j:plain
f:id:tom-oey:20210309095843j:plain

 

 

f:id:tom-oey:20210309095634j:plain
f:id:tom-oey:20210309095647j:plain

 

この着物は、ボタン付け用のような木綿の太い糸で手縫いされていて、

袖の縫い代側に洗濯の痕跡が残っていました。

若い時に家で着ていたものかも。

最初は1枚つもりでしたが、2枚作りました。

1枚は、きょうだいで一人残っている伯母に送ります。

ひょっとしたら、見覚えがある、懐かしい着物かもしれません。

覚えがなくても、実家の誰かが手縫いしたものに

違いないのですから。

f:id:tom-oey:20210309095737j:plain
f:id:tom-oey:20210309095757j:plain
f:id:tom-oey:20210309095940j:plain
f:id:tom-oey:20210309095954j:plain

 

 

f:id:tom-oey:20210309100223j:plain
f:id:tom-oey:20210112115232j:plain
f:id:tom-oey:20210309100316j:plain
f:id:tom-oey:20210309100333j:plain

 

 

いかがだったでしょうか。

当たり前ですけれど、形は同じでも、全然別のもののようですね。

 

義母用。

f:id:tom-oey:20210309100443j:plain

 

お手紙に添えて、母方の親戚に。

f:id:tom-oey:20210309100505j:plain