OEY ***モノつくり再開***

制作の過程、思った事、作品を記録します。

仮縫いスカートが戻ってきました。/お休みのお知らせ

仮縫いして依頼主さんに送ったスカートが戻ってきました。

 

修正箇所はウエストのサイズとスリットです。

エストサイズは微調整。

スリットは、左脇だけだったのを両脇に。1本では歩きにくかったそうです。

 

それから余り生地でタンクトップが出来れば、との事。

丁度そのぐらい残っているので、追加で作ります。

タンクトップとスカートのセットになります。

 

この生地で作った自分用のスカートを着て出歩いたのですが、軽くて着心地が良かったし、外で見る方が色が綺麗で、良かったです。

エストゴムにしたせいもありますが、自転車乗っても、歩くのも、ストレス無しでした。

 

では、躾糸を抜いて、伸ばさないように丁寧にアイロンかけて平らに。

ポケットの表地(手を入れて、手の甲の方が裏地、手のひらの方が表地)と裏地の裁断。

 

f:id:tom-oey:20191003004656j:plain

                ↑

             足が見えている。失礼!(笑)

明日から本縫いです。

本縫いなんですが、

 

明後日から数日、実家に帰ります。一人暮らしをしている父の様子をみながら、母のお墓参りと日頃やっていないだろう掃除を目いっぱいやってきます。

 

いつもはいない人間がいると、ペースが乱れて疲れるみたいです。何日も長くはいられません。

できるだけ、父の顔をみて話をしたいです。

 

そしてこちらに戻ったら、上記のスカートも仕上げたいし、来週末は別のイベントも入っています。

 

そんなわけで、2週間ぐらいブログはお休みいたします。

へなちょこブログですが、復帰した時は、また来ていただけたらうれしいです。

 

季節の変わり目、皆さま体調には充分お気をつけて。

 

 

 

お花の写真②

お花の写真、続きです。(計16枚)

 

 

f:id:tom-oey:20190929144648j:plain

土手の花壇


f:id:tom-oey:20190929141146j:plain

空地


f:id:tom-oey:20190929141235j:plain

日の当たらないブロック塀下


f:id:tom-oey:20190929141934j:plain

河原


f:id:tom-oey:20190929141036j:plain

住宅街


f:id:tom-oey:20190929141336j:plain

公共花壇


f:id:tom-oey:20190929141355j:plain

道路脇


f:id:tom-oey:20190929141424j:plain

通路脇


f:id:tom-oey:20190929141529j:plain

生活道路


f:id:tom-oey:20190929143952j:plain

通路脇


f:id:tom-oey:20190929141452j:plain

道路脇花壇


f:id:tom-oey:20190929141713j:plain

道路脇


f:id:tom-oey:20190929141636j:plain

畑脇



f:id:tom-oey:20190929141802j:plain

サンシャイン水族館

 最後は紅白で。

散歩とブログ、続いていたら、また半年後ぐらいに。

 

赤は河原土手。白は道路花壇。

f:id:tom-oey:20190929141835j:plain
f:id:tom-oey:20190929141901j:plain

依頼のスカートA

お花の写真①の写真をピックアップしている最中に荷物が1つ届きました。

 

【スカートA】

3着のスカートの製作依頼を受けています。

まず、最初に下のスカートと同じ生地で1着作ります(以後「スカートA」とします)

 

f:id:tom-oey:20190915160343j:plain

 

具体的なデザインの希望を伺うために、私用に縫った上のスカートを送りました。

実際に形になった物を見たり着たりすると考えやすいかな、と。

「この柄だったらスリットの入ったタイトスカートもおすすめ」みたいなメッセージを添えました。

 

それが返ってきたのです。

 

「タイトスカートにしてください」と「こんな感じ」と絵も添えて頂いたので、それを見ながら早速製図。

 

f:id:tom-oey:20190928084225j:plain
f:id:tom-oey:20190928084239j:plain

 

26日は裁断まで。

27日仮縫いして「サイズ合わなかったり、スリットの長さや片側希望だけどやっぱり両側、とか修正するので試着してください」と依頼者さんに送りました。

 

写真を添えて「送ったよメール」したところ、生地が残っていたらタンクトップもお願い~、との事。

ありますよ、ちょうどタンクトップが出来るぐらい。

 

という訳で、スカートAはタンクトップとセットになりました。

 

写真見る限りはOKな感じでしたが、着てみてどうかな?あまり修正がないと良いなぁ。(笑)

 

【スカートB】

お返事があるまでに、次のスカート(以後スカートB)の製図を終わらせます。

 

f:id:tom-oey:20190928091654j:plain

 

スカートAと一緒に希望のデザインの絵を頂いたのですが、ちょっと実際作るには無理なところがありました。

その旨お伝えしたところ、「気に入った生地で長く着たいから、シンプルなタイトスカートに変更して下さい」との事。

素材は中肉でしっかりして柄も色も渋くて素敵。シンプルな方が活きると、私も思います。

 

スカートAと似ているので、元になる線だけひいておけば、Aの変更をBにも活かして進める事ができます。

 

Aを試着していただいている間に、やる事が目白押しになってきました。

ぼんやりしている場合じゃありませんよ~、TOM、動け~、働け~。

お花の写真①

f:id:tom-oey:20190926111017j:plain

交差点脇


会社を辞めて家でいろいろするようになると、用事が無い限り家を出ません。

(まあ、当たり前ですね)

気が付くと、半ば引きこもりになっていましたので、1日1枚、散歩で撮った写真をTwitterに上げる事にしました。

花を探しに散歩に出るわけです。

写真を撮るのが上手なわけではありませんが、まあ、見て気分が悪くなるような人はいないだろう、と続けています。

半年ぐらいになりましたので、お気に入りの写真を、2、3回に分けてご紹介したいと思います。

(今回は冒頭含め12枚) 

f:id:tom-oey:20190926111214j:plain

新宿御苑

 

f:id:tom-oey:20190926111647j:plain

徒歩・自転車専用道路

 

f:id:tom-oey:20190926111440j:plain

近くの生垣

 

f:id:tom-oey:20190926112249j:plain

公園脇(両脇カットしてしまいました)

 

 

f:id:tom-oey:20190926112234j:plain

近くの生垣

 

f:id:tom-oey:20190926112340j:plain

公園脇

 

 

f:id:tom-oey:20190926112349j:plain

河原に続く道脇

 

f:id:tom-oey:20190926112311j:plain

航空公園

 

f:id:tom-oey:20190926112416j:plain

保育園脇

 

f:id:tom-oey:20190926112447j:plain

公共花壇

 

f:id:tom-oey:20190926112530j:plain

公共花壇

 

大きさ不揃いで申し訳ありません。

では、今日も散歩、行ってきます。

可愛いお花、咲いているかな。

 

ポンチョ/アクセサリー②

スカートの依頼の具体的なデザインやサイズの確認が出来る前に、ポンチョを進めたいと思います。

タイトスカートとセットにしたい。

生地が余ればベストも作りたいです。

 

f:id:tom-oey:20190925115145j:plain
f:id:tom-oey:20190925115211j:plain

 

黒または紺にみえますが、濃緑です。

衿の形を作っている所です。

一度シーチングで形を取って、製図 → もう一度シーチング → 修正

修正している所です。収まりが悪かったので、衿の端の方を切り込みを入れて、広げています。

製図、パータンも修正します。

 

スカートもシーチング(形を見る用)です。

丈58cmのタイトスカート。

ポンチョとバランスを見ています。

 

なんか、専門的な感じでやっていますが、ごめんなさい、ほとんど自我流です。

ボチボチ進めます。

 

 

f:id:tom-oey:20190925115246j:plain
f:id:tom-oey:20190925115305j:plain

 

アクセサリー その②です。

なんだか、ヘタを付けたくなったんです。

で、緑のフェルトで付けてみました。

どうですか?(笑)

 

アップで見ると、丸カンがズレているし、ちゃんと閉まっていない。

ああ、この後ちゃんと閉じておきます。(;´д`)

 

f:id:tom-oey:20190925115350j:plain

 

今回の出来上がった分、ぶら下げる系はこんな感じになっています。

まだ、レジンが固まっていなくて作業が進まない物が少し残っています。

こちらもボチボチいきます。

 

アクセサリー①

アクセサリー、出来たものがあるので写真、アップします。

 

おもちゃブレスレット。

f:id:tom-oey:20190922144740j:plain
f:id:tom-oey:20190922144756j:plain

 

 

フルーツ髪留めゴム。

f:id:tom-oey:20190922144648j:plain
f:id:tom-oey:20190922144631j:plain
f:id:tom-oey:20190922144721j:plain

 

 

フルーツイヤリング。

フルーツのパーツを外しても使えます。

 

f:id:tom-oey:20190922144513j:plain
f:id:tom-oey:20190922144457j:plain

 

 

ジャラジャラチャーム。

 

f:id:tom-oey:20190922144535j:plain
f:id:tom-oey:20190922144615j:plain
f:id:tom-oey:20190922144557j:plain

 

まだ、製作中のものがあります。

出来たら、また。

着用写真/チームラボ・プラネッツ

f:id:tom-oey:20190919122300j:plain

 

少し前に、柄合わせの要らない、心穏やかに裁断できる無地生地でシャツを作りました。

紺色と茶色のシャツ。

着用した写真を送ってくださいました。

ありがとうございます。うれしいです。

 

おおお、ぴったりですね。良かったです。ほっとしました。

ご自分で選んだ生地だけに、色もお似合いです。

美人さんですからね、何着ても似合うんですが。お顔を切ってしまって申し訳ありません。

 

量産だと、ヒットしても街中で自分の企画した服に出会う事はほとんどありませんでした。

(たまに出会うと、ボーッとしていても、半分眠っていても、瞬間で目が覚めました。走って行って、手を取って「ありがとう」って言いたくなりました)

ハンドメイドは1対1ですから、1着1着、こうやって確認できるのが良いですね。

 

スカートも頑張ります。

あれこれ、デザイン考えてくださいね~。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

f:id:tom-oey:20190919124614j:plain

 

豊洲の「チームラボ・プラネッツ」に行ってきました。

 

昨年、お台場の「チームラボ・ボーダレス」に行きました。

ボーダレスの写真。

f:id:tom-oey:20190919125557j:plain

上の写真は、私が塗り絵をしたトカゲです。プロジェクターを通すと床面に出てきて這って行きました。

下の写真も「ボーダレス」のものです。

 

f:id:tom-oey:20190919125258j:plain
f:id:tom-oey:20190919130351j:plain

 

とても綺麗でした。

帰り、ゆりかもめに乗っていたら、豊洲駅で停車した時、目の前に写真の建物が。

「え~、ここもチームラボだって。知らない。何、何?」

 

帰って調べると、ボーダレスと似ているけど、「大人向け」で「水を使っている」

そして「会期が2020年秋まで」になっている。

これは、行かなきゃね~。

で行ってきました。

 

「プラネッツ」の写真。

f:id:tom-oey:20190919124632j:plain
f:id:tom-oey:20190919124640j:plain

 

 

f:id:tom-oey:20190919124656j:plain
f:id:tom-oey:20190919124712j:plain

 

f:id:tom-oey:20190919124723j:plain

 

内容は言いませんが、「ボーダレス」は子供からお年寄りまで楽しめます。「プラネッツ」はカップル向きかな。小さいお子さんや足に不安があるお年寄りにはお勧めしません(あくまでも私の感想です)

「ボーダレス」は文字通り、どこをどう進んでも、逆にもどっても大丈夫ですが、「プラネッツ」は順路があり一方方向にしか進めません。

そのかわり、あちらこちらにスペースがあり、思い思いのところで、カップルが座り込んでお部屋を鑑賞していました。劇混みの時は判りませんが、どのテーマのお部屋もゆったりした雰囲気でした。

 

床が鏡になっているお部屋、川を進んでいくようなところや、お水を満たしたお部屋があります。

パンツなど、股があり、裾を膝上までたくし上げられるボトムで行かれた方が良いです。(会場でパンツの貸し出しはあるようです)

私もそのつもりで行ったのですが、思ったより水嵩があって結局裾を持たなければいけないところが有りました。

裾を持つと、写真、取れませんよね。

 

最初に靴、靴下、荷物を入れる無料のロッカーがあります。

お水のお部屋の後は一人づつタオルを渡して下さるので、ハンカチ、タオルは要りませんが、貴重品やスマホ等、どうしても持っていたい物がある場合は収納できるポケットのある上着か、ちいさいバッグを準備されると良いと思います。

両手は何も持たない状態で会場に入りましょう。

 

 

「綺麗だったね~。すごいね~。」と出た後は、辺りを少しお散歩です。

f:id:tom-oey:20190919135416j:plain

 

まだまだ開発中。あちらこちらで工事しています。

水際の高層ビル群はとても良い眺めですが、心配性&田舎者なので、

地震、大丈夫なのかな?

停電してエレベーター止まったらどうするのかな?と心配になります。