OEY ***モノつくり再開***

制作の過程、思った事、作品を記録します。

ショルダーベルト付トートバッグ

それでは、ショルダーベルト付のトートバッグを作ります。

 

f:id:tom-oey:20190605162817j:plain
f:id:tom-oey:20190604084157j:plain

 

左のようなツートンで、少し小さいから(A4きつきつ)、右の大きさで(A4用のファイルも入る)、ベルト少し短め。

 

 

f:id:tom-oey:20191102170214j:plain
f:id:tom-oey:20191102170229j:plain

 

大きなお花が縦に緩く並んでいる柄なので、サイドで切れる花のバランスを見ながら型紙を置くと、調度中心線がお花とお花の間に来てくれました。ラッキー。

 

f:id:tom-oey:20191102170345j:plain

 

【切ります】

表布:花柄・・・表袋布(下)、Dカンを付けるタブ、ベルト布。

表布:黒・・・・表袋布(上)、持ち手、見返し

裏布・・・・・・裏袋布、裏布に付けるポケット布

他、準備するもの・・・Dカン、ナスカン/シルバー(3cm)

 

 

【貼ります】

ベルト布以外は全面、接着芯を貼る。

 

 

【縫います】

① 先にベルト製作。縫い代を折り込んで、縦半分に折って、一周、際(きわ)をステッチ。両サイドにナスカンを付けて出来上がり。

 

② 持ち手とDカンを付けるタブは①のベルトと同じ要領。両サイドは縫い込まれるので断ちっぱなしで良い。

 

③ 表袋布上(黒)と表袋布下(花柄)を縫い合わせ。片面に②で作ったDカンを通したタブをはさみ込む。縫い代を上に倒してアイロンをかけタブの縫い代がかかる部分に表からステッチ。

 

④ ③に見返しを縫い合わせ。②でつくった持ち手をはさみ込む。

 

 ここまでで、表袋布に見返しが付いた長い1枚の布状態。見返しとの間に持ち手、袋布の切り替え線にタブが縫い込まれている。

 

⑤ それぞれの切り替え線がズレないように気を付けながら脇を一気に縫う。

底になる部分にマチを縫う

 

⑥ 表袋布と見返しの縫い目、少し見返し側に引きながらアイロンをかけ、表から際(キワ)と5mmぐらいにダブルステッチ。

上袋布(黒)と下袋布(花柄)は③で縫い代を上に倒した状態になっています。表から際(キワ)に1周ステッチ。

 

  ※ 表の袋は見返しを付けた形で縫い上がり。

 

⑥ 口の部分を3つ折にして縫い周りの縫い代をアイロンで折ったポケットを裏袋布に付ける

 

⑦ 裏袋布の脇を縫う。マチの部分を縫う。

 

  ※ 裏袋できあがり。

 

⑧ 表布と裏布のマチの三角の部分を少し縫い止める。(裏布が遊ばないように)

 

⑨ 裏袋布の口をアイロンで折って、見返しに縫い付ける。裏袋布が小さくて表袋布を引っ張っていないか見る。

 

  ※ 完成

 

この手のバッグの作り方は他にもありますが、バッグの上部を折ってフラップのように使うので、この作り方に落ち着いています。

写真や図が無くてごめんなさい。

 

f:id:tom-oey:20191102170501j:plain

おまけ。

 

 

f:id:tom-oey:20191102170424j:plain
f:id:tom-oey:20191102170327j:plain

 

中。ポケットがわかるように、関係ないカップの蓋を挟んでいます。

3点セットでお届けしました。